HOME >技術

メガネのプロフェッショナル

JAOS(日本眼鏡販売連合会)が認めた信頼のお店

認定書

メガネは「見える」医療器具として、さらには「見られる」ファッションアイテムとしての重要性がますます高まっています。メガネとはただの道具ではなく、楽しい毎日をおくるために不可欠なものなのです。 メガネづくりに大切なのは、人が本来持っている「見る」機能を充分に発揮させること。 このビジョンケアには専門的で複雑な技術を欠かすことはできません。 めがねのナカムラは「JAOS(日本眼鏡販売連合会)認定店」。 「認定眼鏡士在籍」、「眼鏡公正取引協議会会員」、「日本眼鏡安全協会の製造物責任保険加入」の認定条件をすべて満たした店だけに与えられる専門店の証です。

認定眼鏡士とは.1

めがねのナカムラには、ご自分の眼鏡について気軽にご相談いただけるように、シニア世代に快適な視界をご提供する総合アドバイザー【HOYAキャリアグラスエキスパート】の資格を持つスタッフも配置しております。 シニア世代へ、高品質なキャリアグラスを提供しているHOYA(株)ビジョンケアカンパニーが認定する眼鏡の専門知識を学び総合試験に合格した者に与えられる資格です。 ナカムラでは、より確かな知識や技術と、お客様にとってベストな眼鏡をお選びする為スタッフの意識と技術の向上に取り組んでおります。

認定眼鏡士とは.1 認定眼鏡士とは.2

「認定眼鏡士」
適切な視力測定や、ライフスタイルに合うレンズ選び、フィッティングなど、メガネづくりに 欠かせない技術を審査するために作られたのが、日本眼鏡技術者協会による「認定眼鏡技術士制度」。 新素材フレームや視環境の変化に対応するため、3年毎に資格を更新し、常に高いレベルでみなさま にご満足いただけるアドバイスと技術を提供しています。